CROSS FIELDS
CSR活動を始めるには?中小企業による事例をご紹介
見出し画像

CSR活動を始めるには?中小企業による事例をご紹介

CROSS FIELDS

企業の社会的責任が問われる中、CSR活動を重要視する中小企業が増えています。しかし「自社もCSRを始めたい」と思ったとき、何から取り組めばいいのか分からない方が多いのではないでしょうか。そこで今回は中小企業のCSRに必要な考え方と方法、他社の活動事例をご紹介します。CSR活動を取り入れたい中小企業の方は参考にしてみてください。

中小企業におけるCSRの考え方・方法とは?

画像1

「企業が社会的責任を担う」ことをを示す「CSR(Corporate Social Responsibility)」。具体的には

法律の遵守や経営状況の開示、ステークホルダーとの信頼関係の構築、地域社会への理解と貢献など、多岐に渡ります。CSRは広い概念であり、会社組織の規模や業種に関係なく取り組むことが可能です。

CSRの概念についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

CSR活動のあり方

CSR活動には、以下のポイントで社会へ持続的に貢献する企業の姿が求められています。

・環境への対応:
地球温暖化や環境汚染の危険性を認識し自社の省エネルギー対策を行う

・法令の遵守:
コンプライアンス(法令)を守ることを会社経営の基本とし、社内にも浸透させる

・就業環境の整備:
職場の環境を整え、従業員の健康と安全の維持に努める

・人権の尊重:
従業員や取引先の人種や国籍、性別に関係なく多様性を尊重する企業風土を持つ。

・地域との共存:
地域社会の一員としてイベント参加やボランティアなど責任ある活動を行う

・取引先との相互理解:
取引先を対等なパートナーとして、公平かつ公正な取引を行う

・消費者からの信頼獲得:
顧客の安全を最優先にサービスや商品の開発を行い、営業活動において正しい情報を提供する

ステークホルダー重視、地域密着型が多い中小企業のCSR活動

大企業のみならず、中小企業でもCSR活動が注目されています。中小・零細企業では、事業性よりも従業員を始めとするステークホルダーとの良好な関係、および堅実な経営施策などが主に行われる傾向があります。

また、地域コミュニティに即したものや事業に関連したCSR活動も多いです。スポーツ交流や地域イベントへの参加、社会課題解決に向けたボランティア活動など、実際に従業員が活動することで地元の人々にとって「企業の顔が見える」CSR活動が行われています。

CSR活動を行う5つのステップ

中小企業がCSR活動に取り組む場合、主に以下のステップで行われます。

1方針を決めて計画をたてる
自社の長期ビジョンと課題を把握し、社会貢献をするための方針を決定する

2ステークホルダーの価値を明確化
CSR活動で得られるメリットと、そこに関わるステークホルダーの価値を明確化する

3取り組む課題を決める
取り組むべき課題を見つけ、会社が目指すミッションと長期目標と照らしあわせて具体化する

4CSR活動を実践
課題の解決に向けた活動計画を立案して実践する

5活動を振り返り改善・報告
活動をレビューし改善点を見つけて繰り返し実践と振り返りを行い、CSR報告にまとめて公開する

CSR活動を中途半端にしないためにもこの5ステップでPDCAサイクル(計画、実行、評価、改善の流れ)を組むことをおすすめします。

中小企業による5つのCSR活動事例をご紹介

画像2

中小企業が社会責任を担う活動として、他社はどのような取り組みをしているのでしょうか。CSR活動事例をご紹介します。

1.株式会社TONEGAWA

TONEGAWAは印刷およびWebサイト構築などを行う企業です。CSR活動は、地元の人々とのふれあいを中心とした地域社会への貢献活動を中心に行っています。

具体例としては、夏祭りなど地域イベントへの協賛や、子育てセミナーへのサポート活動を行っています。また、地域清掃など積極的な社会貢献を実施しています。

2.トーアエイヨー株式会社

製薬会社トーアエイヨーは事業を通じたCSR活動を行っています。

具体的には医薬品製造のすべてのフェーズにて厳しいレギュレーションを設け、質が高く安全な薬を安定供給すること。ステークホルダーとは建設的な会話を通して信頼関係を築いています。

また、地域社会への積極的な貢献も特徴的です。社員に献血を奨励したり、スポーツ振興活動を行ったりして多岐にわたるCSR活動を行っています。

3.株式会社大宮通運

運送業の大宮運送は、環境汚染への取り組みを通じたCSR活動を実施しています。「トラック輸送では何よりも安全が最優先」とする同社は、すべての車両に運転記録装置を完備。従業員による安全運行を確認し、排ガス削減にも努めています。

地域社会への貢献活動で特筆すべきなのは、近隣の小学校児童の登校サポートです。毎朝社員が通学路に立って児童の安全を見守る活動を実施。また、社内報にCSRに関する連載を行うなど、社員への教育にも取り組んでいます。

4.株式会社渡辺製作所

渡辺製作所は通信機器開発の専門企業です。

同社のCSR活動は社員に行動規範や社会貢献に関する教育を行うことがあります。毎年配布の「社員パスポート」には、会社の方針とあり方、および環境への配慮や製品の品質、安全性など企業の社会的責任について示されています。

シニア世代や障がい者、若者などの人材採用に広い門戸を開いていることも評価され、その取り組みは厚生労働省や自治体から認定されています。

5.株式会社ヤマト屋

バッグの製造販売を行うヤマト屋は、人材育成や地域社会を通じたCSR活動を行っています。人材育成に関してはメイド・イン・ジャパンの高いバッグ製造技術を伝承するために研修生を受け入れ、教育を実施しています。また、社員による地域の清掃を定期的に実施するなど、地域社会との関係構築にも積極的に取り組んでいます。

身近なところからCSR活動の一歩を踏み出そう

画像3

中小企業のCSR活動は地域密着型が多く、事業に関連した分野でも幅広く行われています。
ご紹介した企業はそれぞれ可能な範囲でCSR活動にに取り組み、自治体や各種認証機関から評価されている成功事例です。CSR活動にお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

​​NPO法人クロスフィールズは、社会課題の現場と企業で働く人をつなぐさまざまな事業を行っています。具体的な取り組みは公式noteやホームページでご紹介しています。ぜひ参考にしてください。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
CROSS FIELDS
「社会課題が解決され続ける世界」をめざすNPO法人クロスフィールズの公式noteです。新しい取り組みの数々や、その裏にある一人ひとりの物語をお届けします。創業10周年の特設webページはこちら:https://crossfields.jp/10th/