CROSS FIELDS
ダイバーシティがもたらす人材・働き方の多様性。導入ポイントを紹介
見出し画像

ダイバーシティがもたらす人材・働き方の多様性。導入ポイントを紹介

CROSS FIELDS

ダイバーシティの取り組みが企業においても一般的になってきました。多様性と訳される言葉ですが、今一度ダイバーシティとはどのようなものなのか、多様性のある企業戦略とはどのように進めるべきなのかを確認しましょう。また企業が多様性を取り入れることで生まれるメリットや課題についてもお伝えします。

ダイバーシティ=人材・働き方の多様性

画像1

​​ダイバーシティ(Diversity)という言葉には、「多様性」「相違点」「多種多様性」といった意味があり、一般的には年齢・性別・人種・宗教・趣味嗜好など、さまざまな属性の人が集まった状態を指します。ここで注目したいのが「表層に現れる目で見てわかるもの」と「考え方など目に見えないもの」というダイバーシティの分類です。この分類を理解することが、ダイバーシティの取り組みの最適化につながるでしょう。ダイバーシティの分類とダイバーシティが広まる背景について以下で説明していきます。

■表層的ダイバーシティとは

中村豊『ダイバーシティ&インクルージョンの基本概念・歴史的変遷および意義』によると、ダイバーシティは大きく2つに分類できます。1つ目が表層的ダイバーシティと言われる属性です。表層的ダイバーシティは「外見で識別することが可能な属性」で、年齢・人種・ジェンダー・民族的伝統・障がい・心理的能力・肉体的能力などが該当します。

出典:中村豊『ダイバーシティ&インクルージョンの基本概念・歴史的変遷および意義

■深層的ダイバーシティ

2つ目のダイバーシティの分類は、深層的ダイバーシティです。「見た目には同じでも、内面には大きな違いがある属性」です。気がつき難く、理解もしにくい分類です。深層的ダイバーシティには、パーソナリティ・考え方・習慣・趣味・職歴・スキルレベル・受けた教育などが該当します。

■ダイバーシティが求められる背景

ダイバーシティを取り組む企業が増加する背景には大きく4つの要因が考えられます。

1つ目が企業のグローバル化です。日本企業の海外進出と海外企業の日本展開どちらも進むなか、多様な価値観を持つ世界中の顧客のニーズにフィットする製品開発やサービス提供のためには、ダイバーシティへの理解が必要になります。

2つ目は労働人口の減少です。少子高齢化を背景に労働力の低下は今後加速することが懸念され、慢性的な人手不足が深刻化する恐れがあります。回避するためには多様性を受容し、国籍や人種を問わず優秀な人材を採用する必要があるでしょう。

3つ目は雇用意識の変化、価値観の多様化です。仕事とプライベートの両立、やりがいや個性を発揮することの重視、など終身雇用を始めとする従来の価値観とは異なる考えが広まっています。そのため従来の人事施策では企業は優れた人材を採用することができなくなってきました。

4つ目が消費行動の多様化です。いわゆる「モノ消費」から「コト消費」への変化によって、企業の戦略は大きく転換が求められています。多様化する消費行動に対応するためには、企業が柔軟な意志決定・自由な発想をすることが重要。そのために多様な価値観を社内に積極的な取り入れることが必要となってきたのです。

企業がダイバーシティを推進するメリット

画像2

以下では企業経営にダイバーシティを取り入れる4つのメリットを紹介します。

■メリット01:人材を確保しやすくなる

ダイバーシティを取り入れる1つ目のメリットは、ダイバーシティを推進している組織は人材の確保がしやすいということです。バックグラウンドや考え方が異なる人材への理解がある組織は、外国籍、シニア層、障がい者などより多様な人材が活躍できる環境だといえ、人材確保にもつながるでしょう。

■メリット02:イノベーションが生まれやすくなる

イノベーションが生まれやすくなることもダイバーシティ導入のメリットのひとつ。新しいアイデアによるサービスや商品など、今までになかった価値が生まれることが期待できます。業務を進めるプロセスにおいても、固定的な観念が払拭され、より効率的で生産的な環境を生み出すことが期待できます。

■メリット03:グローバル化への対応

海外への事業展開が当たり前になってきている昨今、取引先や顧客だけではなく、外国籍の社員に適応する機会が増えました。日本に古くからある慣習や「当たり前」が通用しないシーンも多くなるためダイバーシティを進めることでグローバル化の加速も可能になります。

■メリット04:多様性が高まり企業価値が向上

「人材の確保」「イノベーション」「グローバル化」という前出の3つのメリットによって、企業内の多様性が高まり、企業価値が向上することが4つ目のメリットです。顧客のニーズの多様化に対応できるようになるだけではなく、投資市場におけるパフォーマンスも向上し、実質的にも企業の価値が高まります。

企業の多様性向上にむけ人事がダイバーシティ推進で気を付けるべきポイント

画像3

企業が多様性を向上するにはダイバーシティ推進施策が必要ですが、人材領域においてはどのような点を注意しながら進めるべきでしょうか。想定される課題と対策を紹介します。

■ダイバーシティを推進する際の課題とは

従来型の企業では社員の同質性や均一な価値観が重要視されてきました。そのほうが組織や社員同士の意思伝達がスムーズに進んでいたからです。しかしダイバーシティを推進すると、これまで表面化してこなかった課題が浮き彫りになります。以下のような課題が考えられます。

対立やあつれき:様々な価値観が交わることで生まれる対立やあつれき
コミュニケーションの弊害:第一言語の違いによるコミュニケーションのトラブル
パフォーマンスの低下:多様な意見がでることで、プロジェクトの調整が難航し、チームのパフォーマンスが低下する
ハラスメントの発生:無意識に相手を傷つけたり誤解が助長されたりする

このような課題を避けるためにも、ダイバーシティを進める際は、単に多様な人材を採用するだけではなく、多様性を受容するための企業風土が不可欠です。

■人事が押さえておきたいダイバーシティ取り組みのポイント

ダイバーシティを推進するために人事観点で必要なことは、多様性のある採用や定着促進だけなく、前述の課題を解決するための取り組みを実施することです。以下で想定されるポイントを踏まえて課題解決の取り組みを策定し、社内理解を浸透に努める必要があります。

ダイバーシティ推進のための啓蒙活動:ダイバーシティ推進の取り組みを全社員に理解してもらい、企業経営の方針において明確化する
公平な評価制度を導入:ワークライフバランスの差異によって不平等が生じない人事考査と評価制度を導入
社員の意識醸成:無意識や誤認識によるハラスメントの発生を防ぐためにも、全社員のダイバーシティへの理解浸透と意識醸成を行う
社員との綿密なコミュニケーション:ダイバーシティには表層に出てこない考え方の多様性もあるため、社員との面談などでコミュニケーションを図り、相手のダイバーシティを理解する
ダイバーシティ研修:特に管理職やマネジメント層のダイバーシティへの理解度が、チームの雰囲気づくりや働きやすさにつながるため、研修での理解浸透とチームでの実践が求められる

まとめ:人材・働き方の多様性を高めるダイバーシティの価値を理解しよう

画像4

ダイバーシティは注目を集める企業経営の考え方のため、一部では「多様性を実現すれば良い」という風潮も見受けられます。しかしダイバーシティは目的ではなく、価値ある企業に進化するための手段にすぎません。企業はダイバーシティを受け入れる素地を確立した上で、ダイバーシティ推進による事業拡大とそこから生まれた利益やインパクトをしっかりと把握することが重要でしょう。

NPO法人クロスフィールズは、社会課題体感フィールドスタディやVRワークショップなど「多様な人や価値観と出会う」事業を通じて、企業のダイバーシティ経営加速を支援しています。具体的な取り組みは公式noteやホームページでご紹介しています。ぜひ参考にしてください。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
CROSS FIELDS
「社会課題が解決され続ける世界」をめざすNPO法人クロスフィールズの公式noteです。新しい取り組みの数々や、その裏にある一人ひとりの物語をお届けします。創業10周年の特設webページはこちら:https://crossfields.jp/10th/