ダイバーシティの時代に求められるリーダーシップとは。必要な資質をご紹介
見出し画像

ダイバーシティの時代に求められるリーダーシップとは。必要な資質をご紹介

CROSS FIELDS

さまざまな属性や個性を持つ人たちが同じグループや組織で活動する状態を指す「ダイバーシティ」。急激に社会が変化している現在、企業がダイバーシティを取り入れることが求められています。ダイバーシティが広まる時代において、求められるリーダーシップとはどのようなものでしょうか。今回は企業がダイバーシティを取り入れる際、必要となるリーダーシップについてお伝えします。

ダイバーシティとは

画像1

まずはダイバーシティ(多様性)について確認しましょう。ダイバーシティとともに注目されているインクルージョンや企業がダイバーシティを実践するメリットもご紹介します。

■ダイバーシティとは

ダイバーシティ(diversity)は、直訳すると「多様性」「相違性」です。集団において年齢、性別、人種、宗教、趣味嗜好などさまざまな属性の人が集まった状態のことであり、元々はアメリカにおける人権問題から生まれた概念ですが、徐々にビジネスシーンでも広まりました。現在では企業が多様な人材を活用し、組織の活性化や競争力の強化につなげる「ダイバーシティ経営」などとして注目が集まっています。

■ダイバーシティ&インクルージョン

インクルージョン(Inclusion)はで「受容」「包含」という意味を持ち、ダイバーシティ&インクルージョンと表現されることが多いです。ダイバーシティが「多様性の集まり」という状態だけを意味していることから、「受容」を意味するインクルージョンとセットで考えられるようになったのです。ダイバーシティとインクルージョンが結びついて初めて「多種多様な人々が互いの考え方の違いや個性を受け入れる」ことを意味するようになります。単純に「多様な人材が集まっている」状態だけでなく、共存して発展することがダイバーシティ&インクルージョンです。

■ダイバーシティが注目されるワケ

日本においてダイバーシティが注目される理由はいくつかあります。1つが少子高齢化による労働力人口の減少です。働くことに対する価値観の多様化もあげられます。

ワークライフバランスを重視する人や、終身雇用にこだわらずやりがいや個性を活かせる仕事に就きたいと考える人が増えたのです。グローバリズムもダイバーシティが注目される背景のひとつです。企業が海外進出し、現地社員を雇用したり、日本国内においても外国人労働者を受け入れたりするシーンが増えていることが、ダイバーシティの広まりを加速させました。

■ダイバーシティを実践するメリット

企業がダイバーシティを実践し、多様な人材と事業を進めることのメリットは、主に以下の3つが考えられます。

新たな視点によるイノベーション:多様な視点でアイデアを出し合うことでイノベーションが生まれ、新たな商品やサービスが誕生しやすくなります。

グローバル市場における競争力の強化:画一的な商品やサービスだけでは世界に通用しません。多様な価値観を用いることで、変化する環境に対応できるようになります。

採用の強化:多様性を重視する企業は「人材を活かす企業である」という世間の認識につながり、イメージアップにもなります。その結果、採用広報を優位に進められるほか、企業へのロイヤリティが高まることで人材のリテンションにも効果的に作用します。

リーダーシップとは

画像2

リーダーシップ(leadership)は日本語にすると「指導者としての素質・能力、統率力」などと訳されますが、そもそもリーダーシップに必要なスキルや定義にはどのようなものがあるのでしょうか。これからの企業に求められる新しいリーダー像についても紹介します。

■リーダーシップ=指導力・統率力

リーダーシップとは以前からの定義では指導力、統率力と表現されてきました。昨今、チームに対して「行動を促す」力という意味合いがより強くなっているでしょう。基本的なポイントは以下の3点が挙げられます。

1.目標達成に向けたビジョンを提示する
2.ビジョンの実現のためにチームのモチベーションを維持する
3.ビジョン実現の問題点を解消する

プロジェクトを完遂するためにはチーム全体で成果を上げなければなりません。メンバーに好影響を与えながら、いかに自律的な行動をしてもらえるかがリーダーシップのカギになります。

■リーダーシップの定義

経済学者ピーター・ドラッカーが提唱したリーダーシップ論において、リーダーシップは資質でなく「仕事」、地位や特権でなく「責任」、責任を持つことで生まれる「信頼」の3つが重要と定義されています。

また、リーダーシップ論として知られるものとしてPM理論があります。これは「目標達成機能(Performance function:P機能)」と「集団維持機能(Maintenance function:M機能)」の2つで構成され、P機能は成績や生産性を向上させるための考え方、M機能はチームの人間関係に着目してチームワークを維持し、強化するための機能を指します。

「(資質ではなく)仕事」「(特権ではなく)責任」「(責任が生む)信頼」を軸に、P機能とM機能を実行することが、リーダーシップの基礎定義だとPM理論では言われています。

■リーダーシップに求められる5つのスキル

上記でご紹介したとおり、リーダーシップを発揮するためには大きく5つのスキルが求められているといわれています。

1.目標を設定してグループ全体に伝えるスキル
2.個人やグループ全体の進捗を管理・指導するスキル
3.適切な人材配置を行いグループ内の人間関係に配慮できるスキル
4.必要なタイミングでチームに対して変化・行動・説明するスキル
5.スタッフからの信頼を得るスキル

このようなスキルも大切ですが、最近求められているのは「オーセンティシティ(自分らしさ)」を持ち合わせたリーダーシップです。オーセンティックリーダーシップについては、以下の記事で詳しく説明しています。

ダイバーシティの現場に求められるリーダーシップ

画像3

ダイバーシティを導入した企業で必要となってくるリーダーシップは、従来の力強い統率力でリードするリーダー像ではなく、メンバー一人ひとりに寄り添うことができる姿です。以下ではダイバーシティが抱える課題とダイバーシティ推進において求められるリーダーシップについて紹介します。

■ダイバーシティが抱える課題

前述のとおり、ダイバーシティを導入することは企業に大きなメリットを生み出しますが、同時に課題も想定されます。ダイバーシティへの理解不足はあつれきや摩擦、対立を生み出す可能性があります。また、コミュニケーションにおいても課題が想定されます。様々な意見がでることで議論が活性化する反面、意見の衝突は人間関係に悪い影響を与え、チームワークのパフォーマンス低下を招く危険性をはらんでいるのです。

■ダイバーシティ推進で求められるリーダーの能力

ダイバーシティ推進によって想定される課題の主な要因は、ダイバーシティへの理解が欠けていることと、コミュニケーション不足があります。ダイバーシティを推進するにあたり、リーダーに求められているのは上記の5つのリーダーシップスキルだけでなく高度なコミュニケーション能力と異なる意見をまとめる力、柔軟性があるでしょう。以下で詳しく見ていきます。

コミュニケーション能力:多様な人材から様々な意見が出る状況はミスコミュニケーションによる齟齬が生まれやすいともいえるでしょう。些細な意見の食い違いを見逃さず、齟齬を回避するためには、密なコミュニケーションが取れるスキルが重要になってきます。

異なる意見をまとめる力:多様性に富んだ様々な意見をそのまま放置すればチームとしてまとまらず、業務進行が難しくなります。どの意見を採り上げるのか、採用されなかった意見へのフォローも含めてチームをまとめる力が重要になります。

個別対応できる柔軟性:多様性はアイデアや意見だけではなく、働き方についても同じです。異なる価値観を持ったメンバーに対して、画一的ではなく柔軟な対応を行うことがリーダーに求められてきます。

■リーダーが意識すべきチームマネジメントの取り組み

ダイバーシティがある組織におけるリーダーが取り組むべき施策には以下の3つがあります。
1つ目は風通しの良い職場環境を作ること。チームの誰もがストレスなく意見し合える環境作りが、多様なメンバーで構成されたチームのマネジメントにおいて大切です。2つ目がチームや企業に対するエンゲージメントの向上です。チームと個人のビジョンをすり合わせて齟齬をなくす、ワークライフバランスを重要視する、メンバーが納得できる評価制度を導入する、などが多様な人材の組織エンゲージメント向上につながるでしょう。3つ目はリーダーが一人ひとりとしっかりと向き合うこと。いわゆる指令型のマネジメントではなく、コーチング型のマネジメントを導入すると良いでしょう。コーチング型マネジメントについてはこちらをご覧ください。

ダイバーシティに対応できるリーダーシップの育成が大切

画像4

多様性が重要な企業戦略となっている現在、リーダーに必要なのはコミュニケーション能力、異なる意見をまとめる力、そして柔軟性だといえるでしょう。また、多様な価値観を理解するためにはリーダー自身にも多様性が求められ、これはいわゆるイントラパーソナル・ダイバーシティ(個々人の多様化)と言われています。イントラパーソナル・ダイバーシティについてはこちらをご覧ください。

NPO法人クロスフィールズは、社会課題体感フィールドスタディやVRワークショップなど「多様な人や価値観と出会う」事業を通じて、企業のダイバーシティ経営加速を支援しています。具体的な取り組みは公式noteやホームページでご紹介しています。ぜひ参考にしてください。






CROSS FIELDS
社会課題の現場と企業で働く人をつなぎ、課題解決とリーダー育成を目指すNPO法人クロスフィールズの公式noteです。新しい取り組みの数々や、その裏にある一人ひとりの物語をお届けします。