見出し画像

ラオス農村部に明かりを灯すー留職で描いた「人々の生活を豊かにするモノづくり」

CROSS FIELDS

現在、日立製作所のデジタルソリューション事業統括本部で活躍する菊池さんは、2013年に1.5ヶ月にわたりラオスへ留職。無電化地域に太陽光を活用した製品を提供する団体で活動しました。

留職を通じて「エンジニアを目指した頃の想いが呼び起こされた」と言う菊池さん。現地の人々との協働や自ら仕事を生み出していく経験を通じて、仕事への向き合い方に変化が生まれたと振り返ります。

ラオス農村部の生活向上に取り組む

菊池さんは「異なる環境で、課題の発見から解決まで挑戦してみたい。そして、限られた期間とリソースのなかで成果を出したい」という想いから2013年に留職への参加を決意しました。

派遣先はラオス・農村部で活動する社会的企業・Sunlabob(サンラボ)です。無電化地域を対象に、太陽光を活用した製品を提供しています。

ラオスの農村部では公共のインフラ網が不十分で、電力や水道サービスを享受できない地域がありました。サンラボはそんな無電化地域に太陽光を使ったランタンや水汲みポンプなどを提供することで、地域の生活向上を目指していました。

菊池さんが改良に取り組んだ蓄電池ケース(写真・左)

1.5ヶ月の留職期間で菊池さんが任されたのは、サンラボの全製品に共通する「蓄電池ケースの改善」でした。当時の蓄電池ケースは、強度不足による破損や堅牢性が低いことによる蓄電池の盗難が多く発生しており、団体では大きな課題となっていました。そこで菊池さんは現状の蓄電池ケースを分析して課題を洗い出し、改善版の設計・試作などに取り組みました。

村の人々の生活を支えるランタン

現地活動を開始してすぐ、菊池さんは自身の活動の「軸」となる言葉をサンラボの代表にかけられたと言います。

代表から最初に言われたのが ” Think out of the box”(枠から出て考えよ)。日本の常識やエンジニアという枠にとらわれず、ラオスだからこそ吸収できるものや感じられることを自分のものにして考えろ、ということでした。この言葉は活動が終わるまで、ずっと心に残っていました

菊池さん(写真・左)とサンラボ代表(写真・右)

現地だからこそできることをしよう、と菊池さんはサンラボの製品を使用する農村部の住民を訪ね歩き、彼らの声を聞いて行きました。

私が訪ねた村は、つい1年前にソーラーランタンが導入された無電化地域でした。ランタンの仕組みはソーラーパネルと蓄電池という、非常に簡単なものです。それでもランタンの使用感を村民に聞くと、「おかげで夜に食事ができるようになった」と笑顔で答えていました。

そしてふと家の真ん中にぶら下げられたランタンを見ると、長時間使えるよう一番暗い光に調節されていたんです。この時、ランタンが彼らの生活にいかに欠かせないものであるか実感しました。

現地でのヒアリングを経て、サンラボの製品が人々の生活向上につながっていることをと実感した菊池さん。蓄電池ケースの改良へ、さらに身が入りました。

現地の考えを尊重し、一緒にベストな方法を見つける

改良に取り組むなか、理論どおりに行かないこともあったといいます。それでも菊池さんはサンラボの製品開発プロセスを学んだり、担当者から現状の設計方法をヒアリングしたりして、彼らにとって本当に必要なものを探っていきました。

活動を通じて、現地には現地のやり方があり、そのなかで彼らにとってベストな方法を一緒に見つけていくことが大切だと実感しました。

そのため、彼らのやり方に対して敬意を払い理解を深めると同時に、自分の考えをオープンに伝えながらコミュニケーションを重ねていきました

技術の担当者だけでなく、様々な部門のスタッフと会話を重ねるなかで相手との信頼関係を築いていった菊池さん。最終的には改善版の蓄電池ケースを完成させただけでなく、必要な部品の調達サポートなども行うようになりました。

団体メンバーと議論を重ねる菊池さん(写真・右)

サンラボの代表は菊池さんの活動をこう振り返ります。

彼は私達が目指すことに共感して、製品の改善に取り組んでくれました。その過程では技術部門だけでなく、営業やプロジェクト管理部門など色んなメンバーを巻き込んでいった。結果として組織全体に良い効果が生まれ、菊池さんは当初の期待以上の成果を生み出してくれました

留職で学んだ2つの視点

1.5ヶ月の留職で、菊池さんは「ユーザー視点で未来を描く大切さ」「自ら仕事を作っていく楽しさ」を発見したといいます。

ソーラーランタンのユーザーである無電化地域の人々の生活に触れ、彼らと会話するなかで気づいたことがあります。それは「単にランタンを提供するのではなく、灯りを手に入れた彼らが次に望むものを、一緒に考えていくことが不可欠だ」ということです。

つまりメーカーは単に製品を提供するのではなく、その先の未来をユーザーと一緒に作っていくことが大切なのだと。

これは入社時に抱いた「人の生活を変える『あったらいいな』を実現したい」という気持ちに通じるものがあります。今回の留職はエンジニアを目指した頃の想いを呼び起こさせる貴重な経験となりました

留職では自分で考えて行動し、仕事を作っていくことの楽しさも体感したといいます。

サンラボでは業務をすべて自分で考え、決めなければいけませんでした。何をやってもいいからこそ、目標設定で苦労しましたが、自分で仕事をつくり、実現していく充実感と達成感を味わうことができました。同時に目標を設定するには、”本質的な課題を発見する力”が重要だと再認識しました。

今回の学びを胸に抱きながら、今後も「世の中の人たちにとって、本当に役立つ製品とは何か」を問い続け、モノづくりに取り組んでいきたいです。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
CROSS FIELDS
「社会課題が解決され続ける世界」をめざすNPO法人クロスフィールズの公式noteです。新しい取り組みの数々や、その裏にある一人ひとりの物語をお届けします。創業10周年の特設webページはこちら:https://crossfields.jp/10th/