CROSS FIELDS

「社会課題が解決され続ける世界」をめざすNPO法人クロスフィールズの公式noteです。新しい取り組みの数々や、その裏にある一人ひとりの物語をお届けします。創業10周年の特設webページはこちら:https://crossfields.jp/10th/

CROSS FIELDS

「社会課題が解決され続ける世界」をめざすNPO法人クロスフィールズの公式noteです。新しい取り組みの数々や、その裏にある一人ひとりの物語をお届けします。創業10周年の特設webページはこちら:https://crossfields.jp/10th/

    マガジン

    • 「新たな越境」に迫る!留職アフターストーリー

      社会課題の現場に飛び込み、様々な挑戦をした留職者たち。企業に戻った彼らを待っていたのは、新たなチャレンジの数々でした。

    • 社会課題と私のリーダーシップ

      社会課題の解決に挑むリーダーから刺激を受け、自分のリーダーシップを見つけるストーリーを集めました。

    • 名刺を捨て社会課題に挑む人々

      企業からNPOや社会的企業に飛び込んだ人々の物語。現地での出会いや挑戦の模様をお届けしています。

    • クロスフィールズの舞台裏

      スタッフインタビューや内部の取り組みをお伝えしています。

    • 「越境コミュニティ」の力

      組織の枠を超えてつながった人々が刺激し合い、新たな一歩を踏み出す様子を描いています。

      • 「新たな越境」に迫る!留職アフターストーリー

      • 社会課題と私のリーダーシップ

      • 名刺を捨て社会課題に挑む人々

      • クロスフィールズの舞台裏

      • 「越境コミュニティ」の力

    最近の記事

    固定された記事

    【まとめ】スタッフインタビュー

    このページでは職員のインタビュー記事をまとめています。クロスフィールズに加入した経緯や仕事のやりがいなど、プロジェクトマネージャーたちが語っています。十人十色のストーリーをぜひご覧ください! 外資系戦略ファームから一転、ソーシャルセクターへ│田熊彩子電機メーカーを飛び出し世界一周、クロスフィールズへ|法幸勇一外部NPOへの出向を経験、共感VRチームリーダーに|藤原未怜企業とNPOをつなぐ「パートナーシップ」担当とは?│ 原科 佑哉大手印刷会社からNPOで新規事業担当に│渕上

    スキ
    10
      • 住友商事の社員が原生林で見つけた「自分らしいリーダーシップ」

        2022年7月、住友商事の社員が「社会課題体感フィールドスタディ」に参加しました。参加者は入社10〜15年目にあたる次世代リーダー層の21名です。各事業部やコーポレート部門から参加しました。 社会課題体感フィールドスタディとは、国内外の社会課題の現場を「体感」し、困難な課題に立ち向かうリーダーの活動と志から刺激を受ける数日間のプログラム。今回は、オンラインでの事前セッションと、岡山県西粟倉村での現地セッションの二部構成です。 西粟倉村で自身のやりたいことを実現しているリー

        • 経産省も注目の越境学習とは?重要性が高まる背景や最新の研究もお伝えします!

          人材育成の文脈で、「越境学習」という言葉を目にする機会が増えてきています。経済産業省もVUCA時代の企業人材育成として注目する越境学習。今回は言葉の定義や社会的に注目されている背景、経済産業省の実証実験やアカデミアによる研究についてご紹介します。 越境学習とはなにか越境学習の定義 越境学習という言葉は近年、日本の人材育成のシーンで生まれたと言われています。そもそも「越境」とは「境界を超える」という意味があり、越境学習はこれを人材育成の領域に広げて「自身の慣れ親しんできた境

          スキ
          29
          • インドで脱いだ「心の鎧」―留職から5年、ありのままの自分で組織のリーダーに

            トライアンフの高井さんは2017年にインドへ留職し、それから4年後の2021年には同社で執行役員に就任しました。そんな高井さんは「留職で完璧主義から卒業して、失敗が怖くなくなった」といいます。留職での経験が今にどうつながっているのか、当時プロジェクトマネージャーとして伴走し、現在は広報マネージャーを務める西川理菜が深堀りました。 とにかく失敗が怖かったーー留職から5年が経ちますが、かなり変化があったみたいですね。 そうですね……気づけば執行役員になっていました!笑 現在は

            スキ
            3

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 「新たな越境」に迫る!留職アフターストーリー
            CROSS FIELDS
          • 社会課題と私のリーダーシップ
            CROSS FIELDS
          • 名刺を捨て社会課題に挑む人々
            CROSS FIELDS
          • クロスフィールズの舞台裏
            CROSS FIELDS
          • 「越境コミュニティ」の力
            CROSS FIELDS

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            いま新興国に越境する価値?J-POWERの人事担当者とポストコロナのリーダー育成を語る!

            社会がポストコロナ時代に移行し、海外渡航の規制緩和が進むなか、海外マーケットで活躍できる人材の育成を急務とする組織も多いのではないでしょうか。 今回は2022年10月に海外での留職プログラム実施を予定している電源開発(J-POWER)より、人事労務部の園田氏をお迎え。クロスフィールズ荒井と「いま改めて海外に越境する価値」について語りつつ、コロナ禍での制度設計やリスク面など海外派遣のリアルを伺いました。(本レポートは2022年7月6日に実施したセミナーを元に作成しています) 

            スキ
            3

            サステナビリティとは?企業事例やサステナビリティ経営で重要なポイントをご紹介!

            サステナビリティという言葉を耳にする機会が増えてきました。ビジネスの文脈ではSDGsやCSR、ESGと並んで使用されやすいサステナビリティ。その意味やメリット、サステナビリティ経営で重要視されている指標や企業による取り組み事例をご紹介します。 サステナビリティとはサステナビリティの背景 サステナビリティ(sustainability)は「持続可能性」を意味しています。 サステナビリティが社会的な文脈で使用されるきっかけとなったのが、1987年に発表された国連の「環境と開発

            スキ
            1

            インドで花開く10年越しの『純粋で子どもらしい夢』

            NECでインドにおける健康診断事業に携わる安川展之さん。NEC中央研究所の研究職だった2013年、インドのNGO・Drishtee(ドリシテ)に留職したことが、社会課題解決型の事業に関心を持つきっかけだったといいます。留職から現在の事業を立ち上げるまでの軌跡を伺いました。(聞き手:広報・佐藤) インドやガーナを舞台に、予防医療の普及を目指す―――現在はどんな事業を担当していますか? ひとつはインドにおける健康診断事業です。急速に経済発展しているインドでは、中間層から貧困層

            スキ
            6

            ラオス農村部に明かりを灯すー留職で描いた「人々の生活を豊かにするモノづくり」

            現在、日立製作所のデジタルソリューション事業統括本部で活躍する菊池さんは、2013年に1.5ヶ月にわたりラオスへ留職。無電化地域に太陽光を活用した製品を提供する団体で活動しました。 留職を通じて「エンジニアを目指した頃の想いが呼び起こされた」と言う菊池さん。現地の人々との協働や自ら仕事を生み出していく経験を通じて、仕事への向き合い方に変化が生まれたと振り返ります。 ラオス農村部の生活向上に取り組む菊池さんは「異なる環境で、課題の発見から解決まで挑戦してみたい。そして、限ら

            スキ
            1

            パーパス・ドリブンな人と組織をつくるには~ 越境学習を活用したハウス食品のリーダー育成に学ぶ〜

            ポストコロナ時代のキーワードとして「パーパス」を耳にすることが多くなってきました。一方でその重要性を理解しつつ、パーパスドリブンな組織経営やリーダー育成方法について悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 今回は越境学習を通じた人材育成に取り組むハウス食品グループ本社より、管理本部長・大澤氏と、越境学習の経験者である加藤氏と中西氏をお迎え。同社の事例から、パーパスドリブンな人と組織づくりについて学んでいきます。(本レポートは2022年6月29日に実施したセミナーを元に作成し

            スキ
            7

            企業におけるウェルビーイングとは?従業員のウェルビーイング向上のヒントを紹介

            近年、企業にとってSDGsへの取り組みや、従業員の働きやすい環境整備がより重要視されています。こうしたなか、新たなキーワードとして注目を集めているのが「ウェルビーイング」です。この記事では企業におけるウェルビーイングの重要性や、社員のウェルビーイング向上のヒントを紹介していきます。 ウェルビーイングとはそもそも、ウェルビーイングとはどのような状態を指すのでしょうか。ウェルビーイングは世界保健機関(WHO)憲章の前文にある「健康」の定義に由来します。WHOでは「健康とは、病気

            スキ
            3

            チームビルディングには余白が必要?逗子の山奥で見つけた組織の多様性

            「オンラインのコミュニケーションもいいけど、何か物足りない‥‥」。リモートワークが定着して2年以上が経ちますが、そんなことを感じる方も多いのではないでしょうか。 クロスフィールズでは2022年5月にチームビルディングを目的とした合宿を2年ぶりにリアルで実施し、オンラインではできなかった「非日常の時間と空間をメンバーで共有する」ことを経験しました。 1日目は逗子でレクレーション、2日目は都内で次年度に向けた議論を深める時間を過ごしました。どんな時間となったのか、合宿の企画を

            スキ
            10

            インドネシアのソーシャルリーダーと探る留職を超えた新たな協働の形

            クロスフィールズは12カ国・170以上の団体とネットワークを持ち、さまざまな事業を展開してきました。今回、2022年2月のビジョン刷新を機に特別イベントを開催。長年にわたりパートナーとして協働してきた海外の団体よりリーダー2名を迎え、クロスフィールズ代表・小沼と新規事業リーダー西川が、新たな協働の形や持続的な社会課題解決のモデルなどについて議論を深めました。(本レポートは2022年4月実施した英語でのイベントを翻訳し、作成しています) 留職が社会課題の現場に生み出してきた変

            スキ
            4

            SX(サステナビリティトランスフォーメーション)とは?企業がSXを求められる理由や取り組み事例もご紹介!

            「サステナビリティ」という言葉が広く使用されるなか、最近は「SX(サステナビリティ・トランスフォーメーション)」というキーワードがビジネスシーンを中心に使われています。 一方でSXとは何かよくわからない、という方も多いのではないでしょうか。この記事ではSXの定義やDXなどとの違い、ESG投資やSDGsとの関係性をご紹介。また、企業がSXを実施するメリット・デメリットについてもお伝えします。 SX(サステナビリティ・トランスフォーメーション)とは SXは欧米発の言葉に聞こ

            スキ
            6

            留職から3年―受け入れ側になって感じる「留職の価値」

            食用コオロギの生産・販売に取り組む(株)エコロギー代表・葦苅さんは2019年に学生留職(*)に参加し、2021年には逆に留職者を受け入れる立場になりました。 エコロギーは2017年に創業。当時は大学院生だった葦苅さんが、昆虫食の普及で食糧問題と環境問題の解決をめざして事業をスタートしました。葦苅さんは2019年に学生留職に参加し、カンボジアで活動。その後もエコロギーは事業拡大を続け、2021年に今度は留職者を迎える立場となり、同年6月から翌年2月までの9ヶ月にわたって損保ジ

            スキ
            4

            国と企業が注目するリカレント教育とは?導入事例やメリット・デメリットもご紹介!

            現代は「人生100年時代」といわれ、定年後も年齢に関係なく働き続ける人が今後ますます増えるとされています。こうしたなか、政府や企業の間で今注目されているのが「リカレント教育」と呼ばれる、学び直しによる人材育成策です。この記事ではリカレント教育への注目の高まりの背景や実際の導入事例、企業がリカレント教育を導入することのメリットやデメリットについて紹介します。 リカレント教育とは リカレント教育の定義  リカレント教育の「リカレント(recurrent)」とは、反復や循環を

            スキ
            6

            NPOと企業をつなぐ役割とは?担当が語る「共感」の大切さ

            クロスフィールズは留職やフィールドスタディ事業を通じて、これまで約50社と協働してきました。そのなかで新しい企業とのパートナーシップ構築を担当しているのが原科(はらしな)です。自身の役割は「ビジョン達成に向けた仲間づくり」だといいます。 プログラムの営業ではなく「仲間づくり」が自分の仕事である、というのはどういう意味でしょうか? 原科は「パートナー企業がクロスフィールズに共感したうえで協働することで、社会へのインパクトを生み出せる」と語ります。 転職のきっかけはネパール

            スキ
            7