明日からできる組織変革の第一歩
見出し画像

明日からできる組織変革の第一歩

組織の誰もが変革の必要性を感じているのに、なかなかその一歩を踏み出せない。そんな状況を打破するには、どのような変革ストーリーを描き、進めていくべきか。そのヒントを探るべく「One Panasonic」の仕掛け人であるONE JAPAN代表・濱松誠氏をゲストに迎え、チェンジウェーブ社とクロスフィールズで共催セミナーを開催。組織変革のアプローチについて、三者それぞれが経験談を交えて語り尽くしました!120名の方にご参加いただいた本セミナーの内容をダイジェストでお伝えします。

スピーカーご紹介

・ONE JAPAN 共同発起人・共同代表:濱松 誠氏
・(株) チェンジウェーブ 代表取締役社長:佐々木 裕子氏
・NPO法人クロスフィールズ 代表理事:小沼 大地 (ファシリテーター)

中期経営計画を読む、から変革は始まる

小沼:会社を変えたい、と考えている人は沢山いると思いますが、まず何から始めればいいとお二人は考えますか?

佐々木:組織の潮目を読むことだと思います。自分の組織がいまどのような方向に向かおうとしているかを把握し、その流れに沿って変革を進めていく。組織の潮目って実は中期経営計画に全部載っているんです。まずはそこからのスタートではないでしょうか。

スクリーンショット 2020-12-01 16.43.41

佐々木裕子:(株)チェンジウェーブ代表
日本銀行、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経てチェンジウェーブを創業。変革実現のサポートやリーダー育成など、個人や組織、社会の変革を手がける。

濱松:コーポレートレポートや社内報からも組織の潮目が読み取れますよね。地道だけど重要。自分がOne Panasonicを立ち上げたのも、会社が組織活性化を加速する流れだというのを察知し、「これを後押ししよう」と思ったのがきっかけでした。

 初めの一歩の踏み出し方

小沼:組織の流れを掴んだら、次にできることは何でしょうか?
濱松:すぐできるのは仲間集め。飲み会でも、勉強会でもいいから同志とつながるべき。変革って絶対に一人じゃできなくて、仲間と支え合うことで実現できると思うんです。One Panasonicも大変なときを乗り越えた仲間の存在があってこそ実現できました。

スクリーンショット 2020-12-01 16.22.36

濱松誠:ONE JAPAN共同発起人・共同代表
Panasonic在籍中にOne PanasonicやONE JAPANを立ち上げ、社内外の組織活性化に取り組む。Panasonicから独立後、現在は大企業やベンチャー支援を行なう。

佐々木:小さい成功体験をつくるのも大事な一歩ですよね。「変えてみたら、良かった」っていう証拠づくりをすること。このとき「おお、それいい!」って相手をハッとされることが重要で、やっぱり感動することで人って動くと思うんです。私たちが企業に提供する変革プロジェクトや企画・運営する変革プラットフォームはすべてそうした仕掛けを使っています。

小沼:あとは会社の取り組みに便乗するのも一手です。例えば留職や珍しい人材育成プログラムを導入している企業は、社員に「もっと暴れてほしい、自分たちは変わりたいんだ」ってメッセージを出している。自分が社員ならその取り組みを使わない手はないですね。

スクリーンショット 2020-12-01 16.22.07

小沼大地:NPO法人クロスフィールズ代表理事
青年海外協力隊、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経てNPO法人クロスフィールズ創業。「留職」プログラムや役職者が社会課題を体感するフィールドスタディ等を展開。

変革のキーパーソンを口説くには


佐々木:組織で物事を進めるには、「この人が応援してくれたら強い」っていう人を口説くことが重要。ポイントは部長などの管理職層と社長などの経営層、どちらにも理解してもらうことだと思います。

濱松:経営層へのアプローチって、ハードル高そうに見えて案外難しくないんですよね。ONE JAPANではメンバーの半数が役員にメールでアポを取って直談判しているし、自分もONE Panasonic立ち上げの際はまず社長にプレゼンして応援してもらいました。

小沼:一方で、部長レベルを説得するときに壁に直面しやすいと感じますね。この層は変化への抵抗が強くなりがちで、背景には価値観の固定化があったりします。だから部長自身が組織から出る「越境」体験をすることで多様な価値観に触れ、変化に対して柔軟になってもらうことが大切だと考えています。

明日からやってみよう 

最後に、組織変革に挑む方々へメッセージをお願いします。

スクリーンショット 2020-12-01 16.30.23

濱松:仲間の存在が大事! 1人だったら変なやつ、5人揃えば変革集団。だから仲間を集めて、どんなことでもまずやってみてください。

佐々木:経営者と話す機会が多いのですが、共通して彼ら・彼女らは変革してくれる若手の重要性を認識しています。社会全体としても変革の流れが来ているから、とにかくやっちゃえばいいと思います!

小沼:変革人って昔は変人だったんですよね。でもいまは変人たちの取り組みが変革として認められてきている。もっと社会を変えるため、みなさんと一緒に変革を起こしていきたいです。

スピーカー3名のエネルギー溢れる対話であっという間の1時間、参加者からは早速「次回の開催をお願いします!」などのコメントが相次ぐほどの盛り上がりで幕を閉じました。

チェンジウェーブ社とクロスフィールズは今後も組織変革を後押しするイベントを積極的に企画して参ります。どうぞお楽しみに!
社会課題の現場と企業で働く人をつなぎ、課題解決とリーダー育成を目指すNPO法人クロスフィールズの公式noteです。新しい取り組みの数々や、その裏にある一人ひとりの物語をお届けします。